Junmai Daiginjo from Iwate prefecture, made exclusively with Yamadanishiki rice polished to 50% of seimai buai. Extremely rich umami taste and deep aroma, slightly dry, this sake is a true masterpiece.

Mr Masahiko Fujio was awarded the Contemporary Master Craftsman award as well as the Yellow Ribbon Medal and leads the Toji team. He believes that selecting the best possible rice grain is very important so they hand pick the highest quality grains from the available rice. After the selection, they polish it by using a method called "Hempei-Seimai" (flat rice polishing) which maximizes the full potential of the rice, but it is very rarely used because it is very labor intensive.

The water that is use to is called "Daiji Shimizu" which is drawn from several hundred meters below ground always at 5 degrees throughout the year.

Recognitions:
This Sake won the National Bureau's Research Institute of Brewing Gold Award 12 times in the last 19 years and in 2015 they won the International Wine Challenge (Sake section) Gold Award.

brewer: Asabiraki

The English translation will be available soon... 130年の歴史を誇る岩手の名酒蔵  岩手は、古くから南部杜氏の里として知られた酒どころ。 明治4年の創業より、日本酒『あさ開』は、米、水、技に恵まれたこの地で豊かな自然に磨かれ、愛すべき人々に育まれてきた。そして、百三十有余年たった今も酒の里・岩手を代表するブランドとして地元で、全国で、海外で・・・と高い評価を得ている岩手を代表する酒蔵である。 ここでは、南部杜氏によって受け継がれた、あさ開の酒造りの様子をほんの少し紹介したい。 南部杜氏  米づくりをしながら、農閑期に酒蔵に出稼ぎに出るというのが、昔からの南部杜氏の姿だったという。杜氏である藤尾正彦さんは、「 半世紀近く酒造りを続けていますが、酒造りの基本は、人力であろうが、機械であろうが今も昔も変わり ません。”1麹、2もと(酒母)、3造り(もろみ)”という 、酒造りを左右する大きな要素となっている言葉があります。最初の工程である麹づくりはもっとも 気の抜けない作業で、2昼夜が勝負。温度、湿度などの環境によって変化を重ね、ひとときも休むことなく発酵の度合いを変えていきます。たった2昼夜で全ての味に影響を与えてしまうので、酒はほんとうに生き物という言葉がピッタリだと思います。」と語る。 岩手ならではの米  そして基本となる原料の米は、長野が原産の「美山錦」。あさ開ではこの米を岩手で栽培 することに成功。そしてさらに、岩手で開発した米、独自の酵母による酒造りを追求し、 岩手県産酒造好適米 「吟ぎんが」の開発に成功した。50%まで丹念に精白して爽やかな香りと軽快な飲み口が特徴で、大きな評価を得ている。 今後も「山田錦」を超える米・酒造を追求してゆくという。  

Asabiraki Kyoku 720ml

あさ開 純米大吟醸 旭扇

JAPANESE NAME: asabiraki junmaidaiginjou kyokusen
TYPE: Junmai Daiginjo - Pure rice, Super Premium
SIZE: 720 ml
CODE: S072
One of the very best Sake of all. Junmai Daiginjo made by the toji (master brewer) selected as the "Master Craftsman" of Japan. A pure experience for the experts.
KEYWORDS: Fish / Meat

Junmai Daiginjo from Iwate prefecture, made exclusively with Yamadanishiki rice polished to 50% of seimai buai. Extremely rich umami taste and deep aroma, slightly dry, this sake is a true masterpiece.

Mr Masahiko Fujio was awarded the Contemporary Master Craftsman award as well as the Yellow Ribbon Medal and leads the Toji team. He believes that selecting the best possible rice grain is very important so they hand pick the highest quality grains from the available rice. After the selection, they polish it by using a method called "Hempei-Seimai" (flat rice polishing) which maximizes the full potential of the rice, but it is very rarely used because it is very labor intensive.

The water that is use to is called "Daiji Shimizu" which is drawn from several hundred meters below ground always at 5 degrees throughout the year.

Recognitions:
This Sake won the National Bureau's Research Institute of Brewing Gold Award 12 times in the last 19 years and in 2015 they won the International Wine Challenge (Sake section) Gold Award.

BEST WITH

  • Sashimi

  • Shellfish

  • Grilled salmon

  • White fish


Quick Facts

brewer Asabiraki region Iwate
SMV Sake Meter Value, lower numbers are sweeter, higher numbers are dryer 1 (Balanced) seimai buai polishing ratio (the lower the better) 50% (Exceptional)
alcohol 16.50% serve at 6o - 10oC

brewer: Asabiraki

The English translation will be available soon... 130年の歴史を誇る岩手の名酒蔵  岩手は、古くから南部杜氏の里として知られた酒どころ。 明治4年の創業より、日本酒『あさ開』は、米、水、技に恵まれたこの地で豊かな自然に磨かれ、愛すべき人々に育まれてきた。そして、百三十有余年たった今も酒の里・岩手を代表するブランドとして地元で、全国で、海外で・・・と高い評価を得ている岩手を代表する酒蔵である。 ここでは、南部杜氏によって受け継がれた、あさ開の酒造りの様子をほんの少し紹介したい。 南部杜氏  米づくりをしながら、農閑期に酒蔵に出稼ぎに出るというのが、昔からの南部杜氏の姿だったという。杜氏である藤尾正彦さんは、「 半世紀近く酒造りを続けていますが、酒造りの基本は、人力であろうが、機械であろうが今も昔も変わり ません。”1麹、2もと(酒母)、3造り(もろみ)”という 、酒造りを左右する大きな要素となっている言葉があります。最初の工程である麹づくりはもっとも 気の抜けない作業で、2昼夜が勝負。温度、湿度などの環境によって変化を重ね、ひとときも休むことなく発酵の度合いを変えていきます。たった2昼夜で全ての味に影響を与えてしまうので、酒はほんとうに生き物という言葉がピッタリだと思います。」と語る。 岩手ならではの米  そして基本となる原料の米は、長野が原産の「美山錦」。あさ開ではこの米を岩手で栽培 することに成功。そしてさらに、岩手で開発した米、独自の酵母による酒造りを追求し、 岩手県産酒造好適米 「吟ぎんが」の開発に成功した。50%まで丹念に精白して爽やかな香りと軽快な飲み口が特徴で、大きな評価を得ている。 今後も「山田錦」を超える米・酒造を追求してゆくという。  

Advanced Search → Your Cart is Empty Subtotal Order Notes Checkout Continue Added Add to Cart item left items left Sold Out Unavailable